二世帯住宅 リフォーム

二世帯住宅へのリフォームについて

二世帯住宅にリフォームする場合の費用はどれぐらいかかるのでしょうか。

 

 

 

すでに建っている住宅の一部を改造し、二世帯にリフォームしますので、

 

 

 

必要最小限のリフォームであれば数百万円からでも可能なようですが、

 

 

 

しかし二世帯住宅のリフォームは、通常のリフォーム費用とは異なり、多額の費用がかかる場合もあります。

 

 

 

 

二世帯住宅にはいくつかスタイルがありますが、

 

 

 

 

完全に生活空間を分けてしまう完全分離型、半分一緒に暮らす共用型などがあります。

 

 

 

 

完全分離型では共用のスペースを一切設けずに、

 

 

 

 

玄関から浴室、キッチン、トイレまで全て2つずつある間取りになっており、

 

 

 

 

設備が全て2つずつ必要となり、当然コストは高くなります。

 

 

 

 

 

更に敷地が狭い場合は、3階建てを検討する必要がありさらに費用はかさみがちになります。

 

 

 

 

ちなみに完全分離型といっても左右で住み分けるものや、1階と2階の上下で住み分けるものがありますが、

 

 

 

 

1階と2階の上下で住み分ける方が、間取りの変更が少なく済みリフォームの費用を抑えることができるようです。

 

 

 

 

一方、共用型の場合は共用するスペースが多いほどコストを安く抑えることができます。

 

 

 

 

しかし共用型の場合はプライバシーの確保が難しく、

 

 

 

 

親世帯、子世帯のそれぞれが使用する居住スペースも工夫が必要だと言われています。

 

 

 

 

 

間取りや騒音対策などにもこだわった方が良さそうですね。

 

 

 

 

下記の「タウンライフリフォーム」では、無料で各ハウスメーカーや地元優良工務店の費用総額や間取りプランなどの資料が一度にもらえます。

 

 

 

もちろん完全無料です!いろんな会社の費用総額や提案がもらえますので、二世帯住宅にする費用なども分かって良いですよ。

 

 

 

おススメです♪