二世帯住宅 後悔

二世帯住宅の後悔ポイント!

軽い考えで二世帯住宅を考えていたものの、いざ二世帯住宅での暮らしを始めると、
義母の過剰すぎる干渉や、自分たちの生活スペースに勝手に入ってくるなどなど、今後の暮らしに不安しかない人やまだ二世帯での暮らしを始めて間もないけれども、二世帯での暮らしを後悔される方は少なくありません。

 

 

 

『自分自身は適度な距離感を保ちながら生活していきたいと思っていても、義母さんがそんなことをお構いなしに自分たちの生活スペースにズカズカと入り込んでくる…。』といった話もよく耳にします。

 

 

 

 

二世帯住宅で建てなくて良かったという話はよく聞きますが、
私の周りでは二世帯住宅で建てて良かったという話はほとんど聞きません!

 

 

 

 

実際に二世帯住宅に住まれている方々はどんなことで後悔されているのか?が気になり、体験談を集めてみましたので是非参考にされて下さい。

 

 

 

 

「我が家は二世帯住宅ですが後悔だらけです…。
最初の約束を守ってくれないこともありますし、やはりある程度の距離がないと二世帯での暮らしは辛すぎます…。」

 

 

 

 

 

「二世帯なので飲み会から帰る時には気を遣います…。」

 

 

 

 

「たまに夕飯をピザなどの宅配で済ませたいと思っても、出前したらいちいち干渉されるし文句言われるし、いいことありません…。」

 

 

 

 

「完全分離の二世帯ですが、娘が泣いていると、いちいち義両親が何してるの?と怒りながら訪ねてくるし、走り回るとうるさいとクレームがきます…。」

 

 

 

 

また、二世帯住宅を後悔される方の中には、二世帯を建てる時に建築費用が予算オーバーをしてしまったため、仕方なく共有する設備やスペースを増やしたりしたものの、いざ暮らしてみると子世帯と親世帯では生活習慣や生活リズムが違うため、暮らし辛さを感じてしまうといったケースも多いため、この点も注意が必要ですね。

 

 

 

二世帯住宅 価格|失敗しない家づくりポイントのTOPへ戻る