二世帯住宅 建築費

二世帯住宅の建築費について

親の将来のことを考えてや、今は育児休暇中だけれどもいずれ復帰するため子育てしやすい環境をつくるためなど、様々な理由で二世帯住宅を選択される方が増えています。

 

 

 

しかし、一つ屋根の下、二世帯で暮らす場合には当然一世帯で暮らす場合よりも床面積が大きくなりますし、キッチンやトイレなどの設備を複数設置することもあるため、建築費は割高傾向にあります。

 

 

 

では、二世帯住宅ではどれぐらいの建築費を目安にしておくといいのでしょうか。

 

 

 

今回は、二世帯住宅の建築費の相場についてまとめてみました。

 

 

 

 

まず、二世帯住宅といっても完全同居タイプのものや、一部共用タイプ、完全分離タイプの3つのタイプがあります。

 

 

 

 

二世帯住宅の場合、これらのタイプによっても建築費が大きく異なると言われています。
建築費が一番安く済むのは設備や寝室以外の空間をほぼ家族で共有する完全同居タイプのものです。

 

 

 

 

次に、玄関やお風呂などの空間を部分的に共有しつつ、各世帯ごとのプライベートな空間も確保するといった一部共用タイプのものは、共有する設備や空間が多いほど建築費を安く抑えることができますが、玄関のみ共有の場合はその他の設備を複数設置する必要がありますので、当然建築費は高くなります。

 

 

 

 

そして、全ての空間がそれぞれの世帯ごとに独立した完全分離タイプの場合は、
玄関からキッチンやお風呂などの水廻り関係の設備に至るまでそれぞれの世帯ごとに設置する必要があるため、二世帯住宅の中で最も建築費は高くなります。

 

 

 

 

完全分離タイプの建築費は施工会社によっても大きく異なるのですが、目安としては4000万円前後〜といったところでしょうか。

 

 

 

 

 

設備のランクやオプションを沢山つけるなど、場合によっては更に建築費が高くなることもありますので、あくまで参考程度とされて下さい。

 

 

 

各会社の詳しい建築費用は下記から一括で比較することができますよ♪