二世帯住宅 建築期間

二世帯住宅の建築期間は?

将来的に親の介護が必要になることや、共働きのため子育ての負担を軽減するためなど、近年二世帯住宅に対する関心が高まっており、実際に二世帯で建築される方が増えています。

 

 

 

二世帯住宅で建てることが決まると、施工会社との打ち合わせから実際に工事が開始され、引き渡しまでにどれぐらいの期間がかかるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

特に、建築期間中はアパートなどにしばらく住まなければならない状況だと、アパートの家賃も発生するため、建築期間が気がかりだと思います。

 

 

 

 

そこで、二世帯住宅の建築期間に関する情報を収集してみましたので、是非参考にされて下さい。

 

 

 

 

「うちの場合ですと、8月あたりから本格的な二世帯の話が進み、
10月末に着工が開始、3月のはじめには引き渡しでした。
最初から土地が決まっていたことと、木造住宅だったため比較的工期は短い方でしたが、ドタバタしたこともあり、引き渡し後に後悔した箇所は何か所かありました。」

 

 

 

 

「完全分離の二世帯と貸し店舗、賃貸の部屋を併用で造りました。
RCで建築したため、工事期間が長かったことに加え、お金もかかりました。」

 

 

 

 

上記のように二世帯住宅の建築期間は、規模や工法などによって大きく異なる場合があります。

 

 

 

例えば、コンクリート造の場合は当然木造よりも工期が長くなり、場合によっては完成まで1年近くの期間を要することもあるようです。

 

 

 

 

そして、施工会社によっても期間が大きく異なる場合もあり、
一般的にハウスメーカーの場合は建築期間が短い傾向にあり、解体なども短期間で終えてしまうため、その後の作業の進行具合も早いと言われています。

 

 

 

ただし、天候不順などによって工事が数週間遅れてしまうこともありますし、材料の発注ミスなどによっても順調に進んでいた工事がストップしてしまう場合もあります。

 

 

 

 

ですが、実際に着工が始まり大きなトラブルや問題がなければ、半年程度〜長くても1年前後ほどで完成し引き渡しになると思います。

 

 

 

二世帯住宅 価格|失敗しない家づくりポイントのTOPへ戻る