二世帯住宅 平屋

二世帯住宅の平屋について

二世帯住宅は、親世帯・子世帯が一つ屋根の下で暮らすため、家事や掃除などをお互いが出来る範囲内で協力し合うことができますし、それぞれの世帯が自立して生活を送ることもできます。

 

 

 

二世帯住宅には、大きく分けると“完全同居型”“部分共用型”“完全分離型”の3つのタイプがあります。

 

 

 

 

“完全分離型”の二世帯住宅の場合は、玄関まで完全に2つに分けてしまうため、二階建てで右と左の左右で分ける二世帯住宅のスタイルが多いようですが、
“完全同居型”や“部分共用型”の二世帯住宅の場合は二階建てだけではなく、平屋の二世帯住宅を建てるという選択肢もあります。

 

 

 

 

“完全同居型”“部分共用型”の二世帯住宅を平屋で建てる場合、キッチンやお風呂、リビングなど共有する部分が多いほど建築コストを抑えることもできます。

 

 

 

 

しかし、平屋で二世帯住宅を建てる場合はある程度土地の広さが必要になってきますし、平屋での暮らしは家族の気配が感じやすく、目が行き届きやすいため、二世帯で暮らすにはそれなりのプライバシー対策もしておかなければなりません。

 

 

 

 

 

実際に平屋の二世帯住宅に住まれている方の口コミがありましたので、紹介しておきます。

 

 

 

 

「生活空間が全て一階だからこそ、親世帯との距離感が気になります。
洗濯物もアパートのように、同じ位置に干すので目につきますよ…。」

 

 

 

 

 

平屋の二世帯住宅を建てる場合の注意点として、プライバシーをしっかりと確保できるように、間取りなどにはしっかりと配慮しておく必要があります。

 

 

下記のタウンライフは無料で各ハウスメーカーの費用総額や間取りプランなどがもらえます。

 

一度に比較できるので各ハウスメーカーをまわる事なくすみますのでおすすめです♪