二世帯住宅 頭金

二世帯住宅の頭金について

二世帯住宅を検討しているものの、一番問題になるのはやはり資金面でのことだと思います。

 

 

 

ライフスタイルや生活の時間帯などに干渉されずに生活を送りたいという場合は、“完全分離型”の二世帯住宅という選択肢になると思いますが、設備が全て2つづつ必要になってきますので、当然建築コストは求められます。

 

 

 

二世帯住宅で建てる場合、頭金はどれぐらい用意しておくといいのでしょうか。

 

 

 

 

近年、住宅ローンは物件価格の100%を融資してくれる住宅ローンも多く、実際に頭金なしで諸費用もすべてローンに組み込んで購入するといった方も少なくないです。

 

 

 

 

しかし、頭金はなしですが、契約金で50万円、100万円の費用が発生するといったケースも多いですから、やはり頭金が一切なしというのは厳しいと思います。

 

 

 

 

住宅ローンの借入額を減らすために頭金は多ければ多い方がいいです。

 

 

 

 

 

頭金を用意しておくと、当然住宅ローンの返済額が少なくなりますし、支払う住宅ローンの利息を減らすこともできます。

 

 

 

 

さらに、住宅ローンの返済期間を短くすることができるなど沢山のメリットがありますので、可能な限り頭金は用意しておくことをお勧めします。

 

 

 

 

 

頭金の用意も大切ですが、自分たちの収入で無理なく返済していける借り入れ額なのか?ということも大切ですから、事前にしっかりとシュミレーションしておく必要があります。

 

 

 

 

また、二世帯住宅の資金面で問題になりやすのは、親世帯・子世帯ともに収入がある場合、それぞれがどれだけの費用を出し合うのか?ということです。

 

 

 

 

 

それぞれの世帯が半分ずつ出し合うと資金面でのトラブルはないかもしれませんが、退職金などで親世帯が頭金として多く出すというケースもあったり、親世帯がすでに退職しており収入がない場合は子世帯が資金を工面するといったケースもあるようです。

 

 

 

二世帯住宅 価格|失敗しない家づくりポイントのTOPへ戻る